新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。

2021年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、建設業界も深刻な影響を受け

未だ先の出口が見えない状況で新年を迎えました。

しかし、このコロナ禍の中で2020年の解雇や雇い止めが8万人にものぼり

新たな仕事が見つかっていない人々の為、年末年始に各地で支援団体が中心となって、

生活相談会や炊きだしを実施したというニュースを見て

日本の国民性の思いやる心、寄りそう心、支え合う心がこのコロナ禍の中で

しっかり根付いていることに安堵し、なにか出来る事があれば取り組まなければいけないと感じました。

一方で、感染者の治療にあたっている医療従事者の皆様が命の危険を顧みず社会を

維持するために働いてくれることに私達は心から敬意を払い、感謝しなければならないと思います。

2021年は1人1人が自覚して行動しなければ、コロナの収束は難しくなると思われます。

令和三辛丑年、「我慢と自制心」が求められています。

2021年の干支は「辛丑(かのと・うし)」。

丑(牛)の年は、先を急がず一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年と言われています。

新しい年が皆様にとって希望に満ちた素晴らしい年であることを

心からお祈り申し上げますとともに

飛鳥建設工業への変わらぬご支援ご愛願を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年 元旦

株式会社飛鳥建設工業